貴重品や形見の品を倒壊した家屋からも捜索して見つけることができる解体業の経験を大分の遺品整理孫の手は活かしています

  • 孫の手
  • メールはこちら

孫の手では建設業、塗装業、内装・外装リフォーム専門の方々と連携を取り、様々なサービスも無料見積りいたします

今まで解体業を営んできて、200件以上の大小様々な家屋の解体を行って
きました。そんな私達が遺品整理を始めたのは震災後に熊本で行った
解体の復興活動で大変嬉しいお言葉を頂いてからです。
一見すると、「遺品整理」と「解体業」には何も繋がりがないように
思われるかもしれません。しかし、実際には役立つ共通点がありました。

解体の出来次第で、その後の土地の売却価格は大きく左右されます。土地を手放すというのは、何か特別な事が
ない限りは起きることではありません。そんな時に人を騙すような真似は絶対にしない。雑な仕事なんて
もってのほかです。施主様が必ず納得出来る形で解体をしていました。

「解体業」と聞くと、一般的に業界のイメージがあまり良くないです。
しかし、多くの同業者達と一緒に仕事をし、実際にそういった
雑な仕事をしている所は、ほんの 一握りです。
私達も、仕上げは手拾いで綺麗にし、RCという砕石を敷くのではなく、
土を敷き、ごまかしのきかない状態で受け渡していました。

大分で解体業を営んでいたある日、震災が起こり、私達は倒壊した家屋の
解体を行うために熊本へ向かいました。幾つもの復興作業を行い、
どの現場でも喜ばれ感謝されるこの環境で、困っている人を助ける
仕事をしたいと考えるようになりました。そして、以前から話があった
遺品整理に興味を持ちます。最初こそ、全く共通点が思い浮かびません
でしたが、遺品整理と解体業は実は通ずる部分がたくさんありました。

解体の作業を開始する前には、施主様に必ず「何か大切なものはございますか?」とリストに
書き出して頂き、徹底的に捜索します。写真や貴金属、金庫からサングラスまで、中には
厳しい状態のものもありますが、出来る限りご期待に応えたいと奮起し、ほぼ全てのものを
発見することができています。

解体といった特殊な現場だからこそ、時には壮絶な
現場もあります。しかし、どんな状況でも、
決して諦めない精神で捜索を続けました。

遺品整理では、家中隅々を捜索いたします。例えばタンスの中や、ご遺族様が
確認し封までしたダンボールの中、机の上に置かれた書類一枚一枚も確認し、
貴重品や無くしてはいけないもの、思い出の品が残されていないかを徹底的に
捜索します。ここには、今までの経験が大いに役立っており、全社員が
残されたご家族の事を思い、あきらめることなく仕分け作業を行います。

解体の荷物を保管するために、大きな倉庫を自社で保有しています。
大切な遺品を保管するため、いつも綺麗に整理整頓を心がけています。
買い取った遺品を一時的に保管する場所として、雨風にさらすこと
なく保管し、必要としている方の元へ届くまでお預かりしています。

今まで200件以上の解体現場を担当し、戸建てからビルやマンション等の大規模な工事を行ってきました。
その中で、磨いてきた技術力や知識には絶対的な自信があります。

遺品整理後に、対応に困りがちなのがその後の家屋や土地の行方です。
ご遺族が住まわれるなら問題ありませんが、誰も住まなくなって
しまった場合、そのままにしておくわけにはいきません。
土地を売る場合は、最終的に更地にした後、整地する必要があります。
この技術や知識は今まで解体の現場で何回も磨いてきました。

遺品整理に限らず、自分たちでは解決できない、ちょっと
したお困り事もご相談ください。重機の扱いには精通
しており、私達ならではの手段を使い、解決します。

家屋の解体にはただ解体するだけでなく、その土地をどうするかにより、
様々な業者様と連携を取る必要があります。
私達がお付き合いしている業者様は、解体業を始めた当初より、
長く付き合いのある方たちばかりで、その道のプロばかりです。
信頼のおける方にしか大切なお客様を紹介しませんでした。

遺品整理後の土地や家屋の手続き等を知識の無い方が行うのは、とても大変です。
大切な方を亡くされて、とても辛い状況下のため、そんな余裕がない方もいらっしゃい
ます。様々な業者様に連絡をする手間を省き、少しでも楽にその後の対応が済むように、
私達が知りうる限りの業者様を紹介し、いっぺんに解決できるようにしています。

その後の処理について、弊社にご相談頂いた場合も、ご自分で業者様を決められた場合でも、
経験者の立場から正当な料金なのかをお教えいたします。
知識のないお客様の変わりとなり、相場を考え、嘘偽りの無い適切なアドバイスをします。

ただ遺品整理といっても、実際には付随するお困り事に
悩んでいる方が非常に多くいらっしゃいます。
孫の手は、解体業から遺品整理をするようになり、私達だからこそ
できることが数多くあります。
専門の知識を活かし、遺品整理に限らず皆様の負担を極力減らして
いくことが、私達の表現したい遺品整理です。

メールはコチラ